AI

學科紹介

次世代のAIシステムを創造するITエンジニアになる

AIシステム科

AIシステム科

2年制

AI分野ってどんな業界?
AI(人工知能。Artificial Intelligence) を活用した技術やサービスヘの導入は実用段階に入っており、身近なインターネットやショッピングヘの導入だけでなく、金融業や製造業、輸送業など幅広い分野への導入が進んでいます。今後の社會の発展や人の働き方へ大きな変化をもたらす技術とされています。一方で技術水準は高まっているものの、AI を正しく扱える技術者の不足も同時に課題となっており、中心的な活躍するエンジニアが今求められています。
AI分野をめざすなら
生活のさまざまなことがIT化している現在、その技術はSNSなどのインターネットサービスやゲームアプリ、金融業や自動車産業での活用、果ては宇宙開発分野まで利用されています。また、最新技術が次々発表される分野なので、これらの技術が使われているものに関心を持ち、インターネットやニュースなどを通じて、実例を「知る」ところから始めるとよいでしょう。
AI分野の適性は?
數年後にはあなたも「引く手あまた」の人材となれることが間違いないとされるAI分野では、未知の事柄でも、まずはチャレンジする気持ちが求められます。また大きな成長が予測される最先端分野の重要な技術ですので、これまでになかったサービスや製品などを考える柔軟な発想力が大切です。

業界からの応援メッセージ

日本サード?パーティ(株)(JTP)

代表取締役社長

森 豊 さん

1973年生まれ。大阪府出身。英語教師を目指してマサチューセッツ大學に留學中、當時、アメリカで次々と誕生していたインターネット黎明期の新しいWebサービスに衝撃を受け、IT業界に飛び込むことを決意。JTP入社後は、ビッグデータやデジタルマーケティングなど多くの新規事業の立ち上げに攜わる。2014年より現職。

新しい技術に対する好奇心と課題解決のためのアイデアがあれば誰にでも世界は変えられる

専門學校生が哲學書も読んでいたら鬼に金棒

IT業界は、ここ數年で起こった、AIやクラウドなどの新しい技術の登場によってガラリと変わりました。

當社でも現在、ユーザーからの問い合わせに自動応答してくれるチャットボットの開発など、先端技術を活用したプロジェクトに力を入れていますが、このような現場で活躍するエンジニアには、技術力だけでなく、技術を活用して課題を解決する力や、新しいサービスを作る上で必要な課題発見力など、これまでよりも高い次元の能力が求められるようになっています。サーバエンジニア、インフラエンジニア、ネットワークエンジニアなども、従來はそれぞれの職域が分かれていて、特定の技術領域に特化したスペシャリストが重寶されてきましたが、現在は、橫斷的な知識を要求される機會が増えてきました。

つまりITエンジニアに求められる力は、以前に比べてかなり高度で複雑になってきていると言えます。だから、今からエンジニアになるのは大変なのでおすすめしない…なんてことはもちろんありません。IT業界には昔から、新しい技術を身につけたり、新しい仕組みに気づいた人が、いつでも一番になれるというとてもシンプルなルールがあります。私自身も、そこに惹かれてIT業界に飛び込んだクチですが、これはこの業界ならではの大きな魅力だと思います。

例えば、AIの分野でよく使われるPythonというプログラミング言語。今、Pythonを覚えたら、その人はすぐにこの業界で飯を食べていけます。そして、良いアイデアを持っていたら、今からでも業界のフロントランナーになることができますし、もしかしたら世界を変えることだってできるかもしれません。持ち上げるわけではありませんが、日本電子専門學校が、AIシステム科を開設したと聞いた時、私は、さすが、IT業界の魅力を分かっておられるなと思いました。卒業生に、技術への深いこだわり、そして好奇心やチャレンジ精神といった、エンジニアにとって欠かせない素養を持った人が多いのも、きっとこのような土壌があるからなんだと思います。

あえて注文をつけるとすれば、専門學校で學ぶ人たちにも、若いうちに思想や哲學の本に觸れてもらいたいですね。「時間が経っても変わらない物の考え方」を知ることで、流行り廃りに惑わされることなく、世の中が本當に必要としているものが見えてくるようになるはずです。そうなったらもう鬼に金棒。將來は、どこにいっても必要とされるエンジニアになるでしょう。

【日本サード?パーティ株式會社 PROFILE】
日本に進出する海外のテクノロジー企業向けに、テクニカルサービス、ヘルプデスクといった技術サービスのアウトソーシングを提供する會社として設立。近年は、森氏が中心となって立ち上げた、クラウド、ビッグデータ、ロボティクス関連の事業にも積極的に取り組んでいる。「日本サード?パーティ」という社名には、高い専門性と技術力で、メーカーでもユーザでもない、第三者として技術サービスを提供したいという想いが込められている。

もっと見る

自動車の安全走行技術

ドライバーの表情や動作をデータ化する技術で、ステアリング越しの觸覚や視覚など五感に働きかけ安全運転を支援。

ロボット掃除機

數十のセンサーで部屋の情報を詳しく収集。掃除機自身が毎秒60回以上狀況を判斷。

自動翻訳機

文字を自動認識して翻訳。音聲翻訳によってお互いの言語を話せない人同士でのコミュニケーションもサポート。

秘書機能アプリケーションソフトウェア

會話型インターフェースを備え、言葉の意味を認識し、サービスの代理実行をするソフトウェア。

にいがたデジコングランプリ(主催:特定非営利活動法人にいがたデジタルコンテンツ推進協議會)

[ オープンデータ活用企畫書部門 入選 ]

「にいがたデジタルコンテンツ推進協議會」主催のコンテストにAIシステム科創設時から參加。例年、約1,000點近くの応募數がある中、「オープンデータ活用企畫書部門」においては、3年連続でグランプリ含め入選を果たしました。

『Wordcorrector』 中西 哉太さん (AIシステム科)

學科紹介

次世代のAIシステムを創造するITエンジニアになる

AIシステム科

AIシステム科

2年制

AI業界とその學びについて

AIを學ぶとは?

AI(=Artificial Intelligence:人工知能)は、大手自動車メーカーを筆頭に、世界中で今後ますます一般化されていく『車の自動運転』。家電とインターネットがつながることで、より快適な暮らしを実現する『スマートホーム』に代表される『IoT』、また世代を問わずに活用されている『SNS』、『動畫配信サービス』、『オンラインショッピング』といった私たちの生活に密著したものから、『宇宙開発』といった想像もつかないスケールで事業が展開されていく分野まで、幅広く活用されている技術です。これからの時代において、よりいっそう私たちの生活に欠かせない要素となっていくことは間違いありません。
AI技術に関する知識やシステムの構築、製品開発に必要なスキルは、社會に強く求められています。AIを搭載したシステム開発の技術を身につけた人材は、將來活躍できる可能性を広げ、より刺激的で、かつ、より安定したキャリア設計につなげていくことができます。

AI業界は今どうなっているの?

現代に生きる誰もが當たり前のように使っている『スマホアプリ』や『SNS』、『動畫配信』といったサービスのほとんどにAI技術が用いられています。『車の自動運転』や、部屋の大きさ、形狀などを自動で判別する『ロボット掃除機』なども、どんどんと一般化されていることからも分かるように、AIに関わる技術はすでに実験や検証を行う段階から抜け出し、実用化へと大きな一歩を踏み出しています。
一方で、急速な発展に伴い、きちんとした専門知識や現場で活用できる能力を持った人材が圧倒的に不足し、各社が人材の確保に困っている狀況が発生しています。
従って専門學校をはじめとした教育機関で、即戦力となる知識やスキルを習得すれば、就職活動において、強力な武器になるということが言えるでしょう。

AIを學ぶのに向いている人とは?

「AIの技術を活用して、世の中をより便利に、よりスマートに変えていく」という観點で考えると、すべての業種においてまだまだ「成熟」と呼ぶには程遠い技術がAI技術です。未熟だからこそ、これからますます速いスピードで、新しい技術や方法論が生み出されていくことが予想されます。
その流れの中に自らを置き、存分に力を発揮していくためには、まずは“情報収集能力”に長け、“強い好奇心”やクリエイティブで“柔軟な発想”を持った人が向いていると考えられます。また、新しいもの好きで、前向きに學ぶ姿勢を持った人、さらに「自分の力で、もしくは自分が攜わるプロジェクトを通して、世の中に変化を與えたい」といった大きな野望やチャレンジ精神を抱けるような人が向いていると言えるでしょう。

AI分野を學ぶと、どんなメリットがあるの?

スマートフォンやパソコン、家電、その他のIT機器etc……。
私たちが日々の生活を送る中で接するさまざまな“モノ”や“コト”がIT化されていく現代社會。皆さんも“IT”や“AI”は未來においても必要不可欠な技術であることは肌で感じているはずです。その中でAI分野を學ぶことにどんなメリットがあるのか。それは、ずばり「業界から引手數多の存在(人材)になれる」ということ。就職活動をするうえでは、より優位になれるということです。
今後も必要不可欠かつ需要が高まるAI技術を活用したシステム開発やサービス提供をしていくエンジニアや、多くの人々を魅了するデジタルコンテンツを創り出すクリエイターは、將來的にも“なくなることのない仕事”として、業界から引く手數多の存在になっていく可能性が高くなると考えられています。
従って、就職活動や社會に出た後の転職活動を含めたキャリア形成において圧倒的に優位に立てると言えます。同時に、社會の仕組みや世の中のトレンドを深く考察し、時代の一歩先を見據えて行動できるだけのスキルを身につけることが可能となっていくでしょう。

AI分野の中で、具體的に何を學ぶの?

本校では『AI』と『ビッグデータ』、そして『IoT』の3つの技術を組み合わせたAIシステム開発技術をメインとしたカリキュラムをベースに學んでいきます。
扱う言語としては、機械學習で用いられる『Python』と、Webアプリケーションなどで幅広く使用されている『Java』の2つに絞り込むことで、初心者でも無理なく進められるカリキュラムを構築。誰もが體系的に知識を習得できる體制をつくりました。
またMicrosoft社が提供する『Azure Machine Learning』や、Googleが提供する『TensorFlow』『Google Cloud Platform』といった、実際のAIシステムの開発現場に欠かすことのできない最先端のクラウドサービスやライブラリについても授業の中で、じっくりと學ぶことができます。

AI分野を學ぶことで、取得できる資格は?

本校では『Python3エンジニア認定』や『オラクル認定Javaプログラマ(OCJ-P) 』、また『統計検定』、『日本ディープラーニング協會G検定(ジェネラリスト検定) 』といった、業界でも信頼度が高いとされる資格をはじめ、自身のスキルアップや就職に向けた武器として活用できるさまざまな資格の取得を、積極的にサポートしています。

AI分野の學びを活かした仕事とは?

製造業はもちろん、ITサービスの事業提供社、金融や保険、不動産、物流や輸送、さらに自動畫像認識システムを活用しているセキュリティ関係、生産物の選別やドローンを用いた農薬の散布が行われている農水産業、無人レジを導入する飲食関係、ロボットによる施術や介護が行われる醫療?福祉系など、ジャンルを特定することなく多種多様な業界で、AIに関わる専門知識や技術を持ったエンジニアやクリエイターが求められいます。
世の中のあらゆるモノ、コトにAI技術が導入されている現在。自身が興味を持ち、自分が活躍するフィールドとして相応しいと思える業界や職種、企業を、自らで選んでいくことができる分野であると言えるでしょう。

▲ページトップへ戻る
暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
北辰区| 高雄县| 秭归县| 杭锦后旗| 陇南市| 商南县| 万安县| 永年县| 波密县| 沁水县| 城口县| 临安市| 临城县| 枣庄市| 临朐县| 临猗县| 翼城县| 辉南县| 万年县| 南安市| 彭州市| 封丘县| 浦城县| 许昌县|